漫文・漫歩・漫遊

アクセスカウンタ

zoom RSS 「今日もグッドモーニング」番外:与太郎閑話3

<<   作成日時 : 2016/09/11 00:06  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

北朝鮮は9日午前9時、咸鏡北道吉州郡豊渓里(ハムギョンプクトキルジュグンプンゲリ)の実験場で5回目となる核実験を実施した。
北朝鮮は「アメリカによる核戦争の脅威からわれわれの尊厳と生存権を守るため、核武力を質量ともに強化していく」と主張しています。
更に、この間5回のミサイル実験もおこなったい、ミサイル搭載も現実味を帯びてきました。
この暴挙は、大元帥の称号を重ね持つ金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長への休心力を高めるためなのか?
しかし、どうして困窮している国で、核攻撃の実験を繰り返す資金があるのか不思議でなりません。
開発に使う精密器具は海上で臨検され、口座の動きは凍結または、監視されている中、どうして世界を震撼させる武器を生産できる資金・技術を持ち合わせをしているのか知りたいものです??どこか、抜け道を図る国とか将軍たちがいるのだろうか??

これらの現実とフィクション物語、トム・クランシー(死亡の後、弟子のマーク・グリーニーが筆跡)「米朝開戦」、米国の諜報機関インテリジェンシス及び人的アセットが活躍する巧妙なストリーです。

「米朝開戦」では、
@核爆弾開発
A長距離弾道の開発
B軍幹部や政府高官の処刑と恐怖政治
C資金調達の手段として「レァーメタル」の開発と精錬技術のインテリジェンス
を骨子とする物語です。

『朝鮮民主主義人民共和国の最高指導者催利興(チェ・リフン)は息子に統治能力を育てる前に亡くなった。三男の催智勲(チェ・ジフン)が後継者となったが、己の名声を不朽のものとすることが重要としました。自分が生き延びるかは軍次第と考え「大元帥」と呼ばせ軍の最高司令官となり、助言者は処刑をし統治者と成り力の誇示として核弾道開発に慢心し世界を恫喝する施政に舵を切ります。其の為には、「レァーメタル」鉱山の開発とそれを取り出す精錬する技術を盗み出すインテリジェントを開始しました。同時にアメリカ大統領を暗殺する計画をし実行します。幸なことに大統領ジャック・ライアンは瀕死の重傷を負います。アメリカのインテリジェント「ザ・キャンバス」が死闘をかけ活躍する。』
のストーリです。非常にエキサイティングな本でした。
一読をお勧めします。

さてさて笑止千万、七十伍の手習い「LibreOffice Calc」による微分方程式解法に臨みます。
LCR過渡現象を復習しまと、

(a)特性方程式が実根を持つ場合(過制動)
   σ^2 > ω0^2 の時の一般解
(b)特性方程式が実根を持つ場合(臨海制動)
   σ^2 = ω0^2 の時の一般解
(c)特性方程式が実根を持つ場合(減衰振動)
   σ^2 < ω0^2 の時の一般解

があります。
図は、ケース(c)の場合です。
画像

(a)、(b)についてはどのように表現するか思案中、悩みは尽きません。
ウィスキー飲みながら紫煙ゆらゆらと、どうせ一人身与太郎話は続きます。

「さまよう嫌老人」の呟き

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「今日もグッドモーニング」番外:与太郎閑話3 漫文・漫歩・漫遊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる