漫文・漫歩・漫遊

アクセスカウンタ

zoom RSS 「今日もグッドモーニング」番外:与太郎閑話2

<<   作成日時 : 2016/09/07 13:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

R−DeVIC療法2クール目で「Therapy Leabe」をしてから3ヵ月となるが、その後悪い兆候もなく生き永らえています。医師は勿体ないと云うが、もう抗がん剤治療は死んでもやらないと決めた身天命を待ちます。
主治医の先生は、「5年目の悪性リンパ腫再発は珍しいケースです。患者さんは化学療法が効くDNAを持っています。本来は残り2クールを行なえば最善の治療となりますが、止めると云う選択を尊重します、これからは3週間毎の経過観察を行い、緊急時は救急車でも来てください対応はします。」
このような、温かい言葉を頂き、感謝の気持ちで一杯です。

翻って、某十字病院での主治医は「手術自体は成功だが、全ての改善がされなかった思うような成果は得られあかった。これ以上の悪化はしません。」と言う。

確かにインフォームドコンセントでの、後遺症、合併症等のリスクは同意しましたが、手術する一日前で反芻することはできませんでした。

*************手術内容***********************
●2月16日手術。
 ★病名 :「頚椎症性脊髄症」
 ★手術名:形成的椎弓切除術(後方手術、脊柱管を広げ、脊髄の圧迫を解除する方法) 
★部位 :頸椎C5/6/7及び胸椎2。(手術箇所約20m)
****************************************
脊髄手術に於ける、不可逆的要素(治らない)についての話はなく、今思うにただ症例数の勲章を得るための手術だったかの不信ばかりが募ります。

医師は「手術が失敗したのではなくて、手術するまでにすでに不可逆的(治らない)変化が脊髄に起きてしまっていたからで、手術は「もっと悪くなる」ことを防ぐ点では成功している。」と言いたかったのであろうか?状況は悪化するばかし、私の満足度とは開きと溝は埋まりません。

予後状況は、歩行にも難儀をし、右手は痺れ箸も持てず、字も書けなく成りました。その上、首がうな垂れ、顎が出る症状(硬膜損傷?、術後脊柱後弯変形?)にも困り、コップの水を一気に飲むこともできません。
現在は、街の整形外科でOT、PTのリハビリに通っています。また、首の筋力を増やすストレッチの日々です。
所詮は、愚痴話し己の手術決断が失敗したとの後悔です。

処で、谷垣元幹事長の「頸髄損傷」の手術その後の容態は如何なんでしょうか?よっぽど酷い状況かと心配もし同情もします。私より酷い症状かと??
リハビリ病院入院は金次第で入院できますが、最大で約40万円/一日 当り、生きるのも金次第と諦念しかありません。俺様は共産党系の代々木病院に何とか入り、差額ベット料はなしでお世話に成りました、病棟は様々な病症の方が治療に励んでいましたが、この世は金次第と感jじる思いでした。愚痴も零す次第です。

家に閉じこもり、なにか集中するものはないかと、そこで七十伍の手習いではありませんが微分方程式をかじる事も気晴らしと。しかし、公式も直ぐに忘れ、紙に筆算もできず嘆いています。そこで、パソコンでの試みをしております。
「Excel」を卒業をしてオープンソフトの「Libreoffice Calc」での解法をトライする事にしましたが、壁は厚く特にマクロ記述である「Excel VBA」とは異なり「Libreoffice Calc Basic」からの勉強です。

下記図が、成果です。まだまだ学ぶ事は多すぎますが一つの達成感として喜んでいます。
図は、「Euler及び 4次Rung-Katta法」による解法と数値解との誤差の確認です。
画像

画像

画像


●「雲かかり 浄土の道は 何処かな」

●俺様の好きな至言、(聖バーナードの言葉)、

“It is a misery to be born, a pain to live, a trouble to die.”

死ぬのは、真に厄介なことです、正に至言です。
五木寛之氏は本で、「生まれる時は自分の意志ではない、ある年齢に達した時は死ぬときぐらいは自分の選択できれば良いが」と述べていますが!!

「さまよう嫌老人」の呟き

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「今日もグッドモーニング」番外:与太郎閑話2 漫文・漫歩・漫遊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる