漫文・漫歩・漫遊

アクセスカウンタ

zoom RSS 「今日もグッドモーニング」:悪性リンパ腫再発治療日誌

<<   作成日時 : 2016/06/17 04:14   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は退院4日目、窓の外は女梅雨、2月からの逃病、アジサイが咲くシーズンまで入院生活を送りました。娑婆の食事が恋しくてなりませんでした。
R-DeVIC療法2クール終了後一時退院をしました。
中間のCT検査では腫瘍の影は薄くなり、奏効が診られ残り2クールで「駄目押し治療をしましょう」と担当医からは背中を押され逃げるように病院を後にしました。
私にとって化学療法は、塗炭の苦しみでもあり、無間地獄でもあります。「新しい判断」が出るまで「6月29日から始まる3クールはもうやーめたぁ〜、緩和治療による痛み、苦しみを取って貰えば良し!!」と医師に伝え、私にとって必要なのは神父(坊主)ではないかと自問自答をします。

27日間の入院生活、院内友は出来ず、話相手の居ないベット生活は心細くネガティブとなります。それなりに疲れます。病床の窓からは、アメリカン大使館白壁建屋が見えその奥には、家内が眠る墓があります。時には家内の名前をつぶやき、家内の迎えを待ち侘びる次第です。

悪性リンパ腫は、非ホジキン・びまん性大細胞型・B細胞性で、5年ぶりの再発でレアーケース、PET−CT検査では、中悪性、ステージはIIIとIV、頸から胸部と腹部に腫瘍があります。多発性ですから放射線治療は出来ません、サルベージ療法の選択肢しかありません。治療をしなければ、腫瘍の圧迫で呼吸ができなくなり、腹部では腸閉塞を起こしますと、インフォームドコンセント。

抗がん剤の副作用である吐き気・嘔吐・悪心、口角炎は出ませんでした。脱毛は21日目から始まり、ベットは毛だらけ、禿げ頭となりなした。男故あまり気にせず過ごします。食欲不振は出ましたが、食事は完食したとの嘘申告を伝え、輸血点滴から逃れておりました。白血球は2000を割ることなく、へモグロミンは標準を割る状態、血圧低く、貧血気味故、眩暈、立ちくらみが激しい、これが怖い。転倒には、十分に気を付ける日々です。

化学療法(抗がん剤)は、3度目。食道がん、悪性リンパ腫、そして今回と私のDNAは化学療法に向いているとのうれしい?巷の話題、側面「何としぶといのだぁ〜」との声もあります。舛添を超えたようだ。

「新しい判断」がでるまで。

「さまよう嫌老人」の呟き


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「今日もグッドモーニング」:悪性リンパ腫再発治療日誌 漫文・漫歩・漫遊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる