漫文・漫歩・漫遊

アクセスカウンタ

zoom RSS 「今日もグッドモーニング」:悪性リンパ腫再発治療日誌第5回

<<   作成日時 : 2016/06/11 10:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ブログを打つのも時にはしんどいですが、奴はもう旅立ったのかの噂を払拭しねばと思い病床から。
偶々、日本赤十字医療センターで見つかり、確かに左リンパ節にしこり、直ぐに元の主治医と相談すべきとの事。5月6日に悪性リンパ腫「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」の5年ぶりの再発です。サバイバル療法があり、放置すれば命は消えますと主治医の所見が宣告されました。
首のリンパ節の腫れは段々大きくなり、かなり目立つようにも成りましたが、他の部位の痛みとか悪い症状もなく、至って元気です。点滴の管が結ばれて居るときは鬱陶しいですが、以外の時間は退屈でネガティブな考えしか沸いてきません。そのときは、掟を破り隣のJtビルでもと??

今日で入院24日目、2コース目でのR−DeVIC療法を終えたら、取りあえず退院します。
6月8日から6月10日までの治療と症状を掻い摘んで、

◆6月8日
●採血→血流が細く看護婦泣かせで何時も数回注射針、きょうは左腕2回目で成功、万歳●CT検査/頭頚部単純?:9:05〜9:12
 20時頃担当医談:今日のCTは胸部上を検査、撮影結果では、先のPET−CT結果 と比較して影も薄くなり、奏効が診られ現在の治療を継続して、駄目押しを推薦する。 何コースするかは主治医の先生と相談して決めます。4コースまでか?6コースまでは 無いと思うような話がありました。
●リハビリ19:50〜10:10 気休め、退屈しのぎ
●最近、目まいが激しい。血圧測定では100前後が続きます。貧血要因もあり、原因不 明、関係者からのアドバイスはありません。

◆6月9日
●リツキサン副作用防止剤服用開始30分前:ボララミン錠、ブルフェン錠各1錠
●リツキニンサン点滴開始/500ml:11:03〜14:30点滴時間少なくて助かる。副作用もなく、順調に終わりました。
●目まいと、立ちくらみが続く。低血圧と関連は?
●便秘気味、液体下剤を飲む。
●シート、枕に大量の抜け毛、22日目に脱毛症状が以上始まったようです。今のところ他の副作用、悪心、嘔吐、口角炎はありません。白血球は6000以上OKとします。
★主治医立ち話談:CT結果でほとんど無くなった。4コースすれば良い。白血球も、 戻りつつあり、6/13白血球造血剤注射で、退院できます。
●17時血圧93/71/86 低血圧、目まい、立ちくらみ因果??

◆6月10日
●今日の点滴
 利尿剤/ラテックス500 mml:5H/テキサート:0.5H/エトポシド100 ml :2H/イホマイド2500ml、ウロミテキサン併用:トータル約7H
 辛抱の一日となります。
●脱毛は続く、もともとが薄い毛で少ないたち、剥げてしまうのか心もとない。
●副作用:骨髄抑制→貧血による眩暈、立ちくらみ→血小板低下
●抗がん剤イホマイドの点滴時間が長く、12時ごろから22時頃まで続きます。薬剤を 早く体外に出す為、利尿剤で小水を促し、尿量とPH値が計られます。夜中まで小水を 求められ、悩ませます。尿瓶でしていますので、お恥ずかしい姿見せられません。

◆6月11日
●利尿剤点滴で5時前に起こされる。病症の窓からは、アメリカン大使館とか別の高層ビルの窓から反射する日の出が綺麗だし、まぶしい
●朝5時、お小水の量とPH値低いということで、利尿剤、ブドウ糖の点滴各30分効を奏し小水2回。
●きょうは、カルボプラチンの点滴がなく、他は同じルーチン。"
●8時半尿PH値酸性故ブドウ糖点滴約1時間(看護婦マニュアルから?)
●9:30ラクテック500ml点滴5H:循環血液量及び組織間液の減少時における細 胞外液の補給・補正

食欲があるとは言えませんが、病院食も飽きて、麺類が食べたくなります。先の外泊時はお蕎麦を食べたので、退院したときは醤油ラーメンを食べたいです。

「さまよう嫌老人」の呟き


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「今日もグッドモーニング」:悪性リンパ腫再発治療日誌第5回 漫文・漫歩・漫遊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる